事故になるまえにエレベーターの保守点検を受けよう

店のイメージを明確に

お店

店舗のデザインは売上に直結するほどの問題なので気を抜いてはいけません。お店や取り扱う商品のイメージを明確にし、それに適したデザインを心がけることが重要です。またデザインは自分で行うのではなく、プロに任せるのが賢明です。

もっと見る

トラブルを未然に防ぐ

オフィス

原状復帰では多くの費用が必要になることがあり、家主にとっては頭の痛い問題です。この原状復帰も専門業者に依頼をすれば安く施工してくれるところもあります。また、契約書に漏れがあり訴訟問題にも発展する原状復帰では、契約書は細心の注意を払って作成しましょう。

もっと見る

会社の取り組み

作業員

地震での原子力発電所の事故では、様々な問題が浮き彫りになりました。この経験から、汚染物質に対してどのように対策を取るのかが重要になってきます。そこで、積極的に活動している鈴木貞一郎社長の取り組みについてご紹介します。

もっと見る

定期的なメンテナンス

エレベーター

委託業者の選択

定期的にメンテナンスを行うべき住宅の設備としてエレベーターがあります。複数階層のあるビルやマンションなどに設置されるもので、その仕組みとしてはエレベーターシャフト内で、ワイヤーによってゴンドラを吊るし動力を使って階層間の移動を容易にしてくれます。現在のビルやマンションになくてはならない存在ですが、エレベーターは駆動する部品であり安全性を確保するために定期的な保守を行うことが求められています。エレベーター保守は、メーカーや保守専門会社などに委託して行いますが、そのサービスや費用はそれぞれの業者で異なってくるので注意が必要です。メーカーであれば高い品質の保守点検を受けられ、保守専門会社は費用は安めで行うことが可能です。

サービスの内容

エレベーター保守点検の種類はフルメンテナンスとPOG契約の2種類があります。フルメンテナンスはすべての管理をメーカーや保守専門会社に任せるというもので、もっとも手間が掛かりませんが消耗品や交換に必要な修理部品などの交換費用も含まれるので費用が高めです。一方でPOG契約は点検と消耗品の交換のみをするもので、大掛かりな修理が必要な場合にはその都度、費用を負担しなければなりません。ただ日頃からの保守だけを行ってもらうのであれば費用を抑えることができます。なお、新たに新設したエレベーターの場合には2年程度の保証期間が付いているので、最初の2年はPOG契約として、年数が経過するとフルメンテナンスに切り替えるといった方法もあります。