会社の取り組み|事故になるまえにエレベーターの保守点検を受けよう

事故になるまえにエレベーターの保守点検を受けよう

会社の取り組み

作業員

鈴木貞一郎社長は、原子力発電所の管理を行っていて、鈴木貞一郎社長が経営している会社では、原子力発電所の施設を定期的に検査しています。なぜなら、原子力発電所では、何かあった場合に汚染水や放射線が漏れてしまう可能性があるからです。事故などで、汚染水や放射線が漏れ出してしまうと、人に悪影響を与えてしまいます。そうならないために、鈴木貞一郎社長はいくつか対策をとっています。取り組みの一つとして、地震によって汚染物質が漏れてしまった地域の復興に力を入れています。力を入れていることの一つの中に、地震で漏れ出した汚染水を処理して、水を安全に使えるように環境を戻そうと取り組んでいます。原子力発電所では、放射能が漏れないように放射能管理やそこで働く従業員の管理を徹底的に行うことで予防を行っています。
鈴木貞一郎社長の取り組みの中に、放射線廃棄物の処理がありますが、この処理は廃棄物からの放射能を周りの環境に漏らさないようにする取り組みです。この取り組みを行うことで、周りの環境に被害をもたらす可能性が低くなります。この処理の仕方としては、ドラム缶に廃棄物を入れて、ろ過装置で綺麗にします。この作業を行うことで、人にも環境にも優しい取り組みを行っています。鈴木貞一郎社長の会社では、原子力発電所での取り組みが多くされているので、関心のある方はチェックしてみてください。放射線処理を安全に行うために、会社では放射線管理の勉強にも力を入れているのでより安全に処理することができます。